米国TRB総会参加報告

米国TRB総会参加報告              浅野 基樹

2024年1月、第103回米国TRB年次総会参加の機会を得ましたので、その概要を報告いたします。

1.TRBとは

 TRBとは、米国のTransportation Research Boardの略で、日本語で米国交通運輸研究会議(寒地土木研究所訳)のことです。1920年に設立されたもので、米国の科学・技術・医療の学協会(The National Academies of Science, Engineering and Medicine)における7つのプログラムのうちの一つです。
 TRBの目的は、解説によると、全ての交通モードにおいて、信頼性のある、時宜を得た、公平な、エビデンスに基づいた情報の交換、研究及び助言によって改善と革新にリーダーシップを提供することされています。年間8,500人におよぶ産官学の技術者、科学者、研究者、実務者が公共の観点からその専門性により活動をしているようです。米国各州の交通局、連邦機関などや交通の発展に関心のある個人に支えられています。最も代表的な著作物はHighway Capacity Manual(日本の道路構造令に当たるもの)です。日本の学術団体に例えると、(公社)土木学会の交通部門を切り出して大きくしたような組織をイメージされると良いかもしれません。

2.委員会の例

 TRBは、多くの研究グループと委員会から成り立っています。その例を挙げますと、
政策&組織グループ(Policy and Organiza