第3回道路雪氷勉強会

第3回道路雪氷勉強会の開催について

 道路雪氷広場では、道路雪氷対策技術の研究者・技術者の資質向上や後継者の育成を目的に勉強会を開催しています。第3回道路雪氷勉強会では吹雪対策の輪読方式のゼミを企画しました。

 ゼミの教材として取りあげるのは、Ronald D. Tabler (2003)著の”Controlling Blowing and Drifting Snow with Snow Fences and Road Design” です。Tabler博士は、国際的にも知られた吹雪対策の研究者で、文部省の招聘研究員として昭和55年から56年にかけて北海道開発局土木試験所に滞在し、多くの講演や精力的な研究情報交換を通じて日本の吹雪対策にも大きな影響を与えました。このレポートは、全米協力研究プロジェクト(NCHRP:The National Cooperative Highway Research Program)のもとでTabler博士が執筆したもので、道路の吹雪対策に関する、基礎から応用まで広く記載されております。北米の吹雪対策のガイドラインとなっており、我が国の吹雪対策研究者・技術者にとっても参考になるところが多いと考えて教材にしました。

今回は初回ということもあり、ワイオミングや北海道でTabler博士と共に吹雪の現地観測や講演活動をした竹内博士(NPO法人雪氷ネットワーク)をお招きして、Tabler博士の業績の紹介をいただいた後、上記のレポートのゼミの進め方について、議論したいと思います。 

開催要項

■講演
「タブラー博士と州際道路80号ワイオミングにおけ