第2回道路雪氷広場勉強会

第2回道路雪氷勉強会の開催について

 道路雪氷広場の第2回道路雪氷研究会では、雪崩、雪庇や冠雪の崩落、橋梁からの落雪など「積雪の破壊」によって起こる現象について積雪の基礎から勉強します。
 雪崩は積雪の破壊によって発生しますが、破壊は積雪内部のひずみ速度によって決まります。斜面積雪におけるこのひずみ速度は、積雪量と密度、温度、そして、斜面地形などで様々であり、雪崩発生予測や防止対策のためには、その特徴を把握しておくことが重要です。
 成田は北大低温科学研究所時代に実験で得た、ひずみ速度に関する雪の変形と破壊の特徴と破壊限界ひずみ速度について述べ、さらに一般的な斜面積雪の挙動にも展開します。
 竹内は道路で観られる積雪の破壊現象を紹介し、積雪の破壊から雪崩、雪庇・冠雪、落雪などの話題を提供し、それらの対策のありかたについて議論します。

開催要項

日時: 平成22年4月14日(水)15:00~17:00
場所: 寒地土木研究所2階会議室(札幌市豊平区平岸1条3丁目)
開催機関:
 主催:道路雪氷広場(事務局:NPO法人雪氷ネットワーク)
 共催:(独)土木研究所寒地土木研究所
プログラム:
(1)講演
 「積雪の破壊について」-雪崩の発生機構に関連して‐
               NPO法人 雪氷ネットワーク 成田英器
(2)