移動健康・スポーツ科学館の報告

「移動健康・スポーツ科学館」(2023年7月、士別市)の報告

 雪氷ネットワークでは積雪寒冷地の住民の健康増進、体力向上のため、積雪・寒冷の自然と生活に根ざした教育活動として「移動健康・スポーツ科学館」を実施しております。
 この出前方式の事業は、毎年7月に士別市社会福祉協議会が主催する「ふれあい広場」というイベントのほかに、2017年佐呂間町、2019年登別市で実施してまいりました。新型コロナが猛威を振るった2020年から3年余の間休眠状態となっておりましたが、2023年1月31日(火)、北大クラーク会館で再開、士別市では7月2日(日)、4年ぶりにこのイベントが再開されました。日帰りで活動時間3時間でしたが、「人力エネルギーの科学」というタイトルで手づくりの教材を紹介し、幼児から90歳までの市民に楽しみながら学んでもらう場を提供しました。